洋画洋画サスペンス

エリア52

洋画

CRAWLSPACE
製作年度:(2011)
製作国:オーストラリア

出演: アンバー・クレイトン, ディッチ・デイヴィ, エディ・バロー, ペータ・サージェント
監督: ジャスティン・ディックス

解説

米軍基地「パイン・ギャップ」にあるという「エリア52」をモチーフに、秘密実験をめぐる特殊部隊の攻防を描くSFアクション。地下深くの極秘基地で謎の女イヴと遭遇した特殊部隊が、超能力攻撃を前に狂気と混乱の中で戦いを繰り広げる。監督は、『スター・ウォーズ』シリーズのロボット制作にも携わったという、本作が初となる長編作のメガホンを取ったジャスティン・ディックス。恐ろしい実験が引き起こす恐怖と、暗く、閉ざされた地下で展開する戦いに戦慄(せんりつ)が走る。

あらすじ

イヴ(アンバー・クレイトン)は、気づいた時には記憶を失い、パイン・ギャップ基地のエアダクトの中にいた。そこに軍の特殊部隊のロミオ(ディッチ・デイヴィ)、ウィキ(ペータ・サージェント)らが送り込まれ、何者かに荒らされた基地を目の当たりにする。初めは、医学実験によりコントロールが利かなくなった患者たちの手によるものだと考えていたが、さらに恐ろしい実験が行われていることを知る。捕まえた科学者シーザー(ニコラス・ベル)によれば、敵は遺伝強化された患者だという。“超能力を持った兵士を作る”というこの計画が、惨事を招くこととなる。特殊部隊チームは、イヴを従え、生き残った科学者たちとともに、基地からの脱出を試みるが、人々の心の奥底にある恐怖を利用した超能力の攻撃が、行く手を阻み、やがて狂気と混沌に陥っていく。

タイトルとURLをコピーしました