洋画洋画サスペンス

ミッション:15

洋画

EVENT 15
ALPHA ALERT
製作年度:(2013)
製作国:アメリカ
映倫 PG12

出演: ジェニファー・モリソン, ジョシュ・スチュワート, スティーブン・ライダー
監督: マシュー・トンプソン

解説

エレベーターが舞台となった凍りつくようなシチュエーションスリラー。軍医療施設のエレベーターに閉じ込められた心的外傷後ストレス障害を抱える兵士たちが、そこから脱出を図ろうとする姿と事態の裏側に隠された真実を映す。監督を務めるのは、テレビドキュメンタリーで活躍してきた新鋭マシュー・トンプソン。テレビドラマ「Dr.HOUSE-ドクター・ハウス-」シリーズなどのジェニファー・モリソンを筆頭に、実力派が出演。先読み不可能な展開に加え、実験サスペンスや軍事ドラマの要素も巧みに融合したテイストも見もの。

あらすじ

アメリカ合衆国・ワシントンDC。とある軍事医療施設。女性大尉・ホワイトは、アフガニスタンで敵の捕虜となり壮絶な拷問を受けて帰還した後、PTSD(=心的外傷後ストレス障害)に悩まされ、心理カウンセリングによる治療を受けていた。
ある日ホワイトは施設のエレベーターで、薬物中毒傾向にあるオールズマン軍曹、抑うつ状態に悩むディエゴ上等兵という、同じ治療を受けている2人と帰還兵と乗り合わせる。
3人を乗せたそのエレベーターは突然に停止し『ワシントンはテロリストによる核攻撃を受けた』との館内放送が。
核による汚染が迫る中、ホワイト達はパニック症状を抑えつつ対応を試みる。だが、それは軍上層部による<極秘>の心理実験だった・・・! !

タイトルとURLをコピーしました