洋画洋画アクション洋画サスペンス

インベーダー・ミッション

洋画

INVASOR
製作年度:(2012)
製作国:スペイン
映倫 PG12

出演: アルベルト・アンマン, アントニオ・デ・ラ・トーレ, インマ・クエスタ
監督: ダニエル・カルパルソロ

解説

『ワイルド・ルーザー』などのダニエル・カルパルソロが監督を務め、フェルナンド・マリアスの小説を映画化した社会派アクション。イラク戦争でテロリストに襲われ一時的記憶喪失になった医師が、真相究明の過程で遭遇する陰謀と対峙(たいじ)する姿を描く。『ある殺人に関するテーゼ』などのアルベルト・アンマンが主人公を演じ、友人を『アイム・ソー・エキサイテッド!』などのアントニオ・デ・ラ・トレが好演。原作を大幅にアレンジした骨太なドラマに魅了させられる。

あらすじ

2004年2月。国際医師派遣団に所属するスペイン人の軍医パブロは、戦闘が続くイラクに駐屯していた。
ある日、彼が負傷者を病院に運ぶためアメリカ軍の護衛のもと移動していたところ、一行は地元テロリストの凄まじい奇襲を受け壊滅してしまう…。
2週間後、スペインの病院で目を覚ましたパブロは、奇跡的に一命を取りとめていたものの事件の記憶を失っていた。
「あの惨劇の場からなぜ自分だけが助かったのか―?」一部始終を思い出せぬまま、
政府から戦場での出来事を口外しないための秘密厳守のサインを求められたパブロだったが、
断片的に脳裏に浮かぶ戦場の“何か”がおかしいことに気づく。あの日、一体何が戦場で起こったのか?
本能的な勘だけを頼りにその真相を追い始めた彼は、次第に国家が隠蔽する巨大な秘密に近づいていく。
しかしその秘密は決して触れてはいけない最高レベルの機密だった・・・。

タイトルとURLをコピーしました