洋画洋画ドラマ

波止場 (1954)

洋画

ON THE WATERFRONT
製作年度:(1954)
製作国:アメリカ

出演: マーロン・ブランド, エヴァ・マリー・セイント, カール・マルデン, ロッド・スタイガー, リー・J・コッブ
監督: エリア・カザン

解説

港の沖仲仕たちの間に君臨するボスと、周囲の反対を押して彼に単身立ち向かうボクサーくずれのチンピラ。ブランドの演技とE・カザンの骨太な演出で知られる名作だが、脇を固めた個性派の役者たちが今なお衰える事のない迫真の演技を見せている点にも注目したい。アカデミー賞8部門受賞。

あらすじ

ボクサーくずれのテリー(マーロン・ブランド)は、兄チャーリー(ロッド・スタイガー)が波止場を仕切るボスのジョニー(リー・J・コッブ)の命令で仲間を殺す現場を目撃。その妹イディ(エヴァ・マリー・セイント)の嘆き悲しむ姿に心動かされ、バリー神父(カール・マルデン)に真相を告白するが、やがてチャーリーも殺害されるに及び、ついに法廷に立つ決意をする…。

タイトルとURLをコピーしました