洋画洋画サスペンス

シャッフル2 エクスチェンジ

洋画

POSSESSION
製作年度:(2007)
製作国:アメリカ

出演: サラ・ミッシェル・ゲラー, リー・ペイス, マイケル・マンデス
監督: ジョエル・バークヴァル

解説

シャッフルされた1週間に翻弄(ほんろう)されるヒロインをサンドラ・ブロックが熱演し、話題となったサスペンスのシリーズ第2弾。今回は、人格が弟と入れ替わってしまった夫の謎を解くため、妻が奔走する。主演は『THE JUON/呪怨』のサラ・ミシェル・ゲラー。兄の人格が宿った弟を、『落下の王国』のリー・ペイスが演じる。本作がハリウッドデビューとなるスウェーデンの鬼才監督二人組による、洗練された演出と予測不可能な展開が見どころ。

あらすじ

夫ライアン(マイケル・ランデス)と仲むつまじく暮らす弁護士ジェス(サラ・ミシェル・ゲラー)。しかし、ライアンとは正反対の性格でトラブルを招き、現在は保護観察中の彼の弟ローマン(リー・ペイス)と共に、ライアンが交通事故に遭ってしまう。3週間後、ローマンだけが意識を取り戻し、自分はライアンだと名乗る。

タイトルとURLをコピーしました