邦画邦画ドラマ邦画ラブロマンス邦画青春

はい!もしもし、大塚薬局ですが

邦画

製作年度:(2010)
製作国:日本

出演: 円城寺あや, 小林香菜(AKB48), 笠原美香, 有末麻祐子, 川村亮介
監督: 勝又悠

解説

恋もおしゃれも忘れた薬局の中年女性店長が、恋する女子中学生との出会いを通し、恋のうれしさや切なさを思い出していくヒューマン・ストーリー。店長を、『アキレスと亀』『眉山 -びざん-』の円城寺あや。物語の鍵を握る女子中学生を、AKB48のメンバーであり、本作が映画初主演となる小林香菜が演じる。監督は『オードリー』の勝又悠。リアルに描かれた思春期特有の心情やコミカルな会話、監督の故郷でもある南足柄のロケーションなど、見どころが満載だ。

あらすじ

夫に先立たれ、娘と2人で暮らしながら、小さな大塚薬局の店長をしている40歳の真名美(円城寺あや)。店番も身だしなみも家事も手抜き全開で、主婦仲間と閉店間際のスーパーの安売りセールに行くことを唯一の楽しみにしている真名美だったが、ある日、薬局の常連客である女子中学生・恵美(小林香菜)と親しくなり……。

タイトルとURLをコピーしました