洋画 洋画サスペンス 洋画犯罪

リセット (2011)

洋画

BRINGING UP BOBBY
製作年度:(2011)
製作国:アメリカ

出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ, ビル・プルマン, スペンサー・リスト
監督: ファムケ・ヤンセン

解説

オリーブ(ミラ・ジョボビッチ)は、ウクライナ出身の詐欺師。
しかし、10歳の息子ボビーのためにはすべてを犠牲にする深い愛情を持った母親だ。
彼女は自らの犯罪歴を隠しながら、オクラホマの田舎町に息子と二人で住み始める。
ボビーは不慮の事故で、不動産会社を経営する富豪ケント(ビル・プルマン)が運転する車にぶつかり軽傷を負う。
それをきっかけにケントとマリー夫婦と知り合う。
そんな時、オリーブは過去の犯罪が明らかになり、警察に連行され、8ヶ月収監される。
その間ボビーは、ケント夫婦の元に預けられ、新しい生活がはじまる。 しかし、オリーブが出所してからは、自体は悪い方向に進もうとしていた。
オリーブは、愛するボビーのために、何をすべきなのか?
ボビーが悪事に進むかもしれない危険にさらされながら、自分と一緒に住むのか?
それとも、身を引いて上流階級のケント夫婦にボビーの養育を託すのか?
オリーブは究極の選択を迫られていた。

タイトルとURLをコピーしました