邦画 邦画文芸

上方苦界草紙

邦画

製作年度:(1991)
製作国:日本

出演: 小川真由美, 原田和代, 葉山レイコ, 井川比佐志, 峰岸徹
監督: 村野鐵太郎

解説

藤本義一の同名短編小説を、高山由紀子が脚色し村野鐵太郎が監督した。イタリアのサレルノ国際映画祭でグランプリを受賞。芸に執念を燃やす姉妹を、原田和代と葉山レイコが体当たりで熱演した。  明治21年ごろの伊勢参宮街道では、お杉とお玉という女二人組の旅芸人が人気で、同じ名前の芸人が少なくとも五組は存在したという。お杉、お玉、お文の三姉妹は五年前、お満に三味線を仕込まれた。しかしお玉が男と逃げてしまったため、お文がお玉を名乗り、長女のお杉とともに三味線を弾くことになった。お杉は三味線の演奏中に着物の裾をはだけて足を開く芸を披露し、お文を驚かせる。芸を磨くため女になれとお文を抱いた義父の源は、お満に殴りかかられるが逆にたたきのめしてしまう。

タイトルとURLをコピーしました