洋画洋画ドラマ洋画ラブロマンス

ダウン・イン・ザ・バレー

洋画

DOWN IN THE VALLEY
製作年度:(2005)
製作国:アメリカ

出演: エドワード・ノートン, エヴァン・レイチェル・ウッド, デヴィッド・モース, ローリー・カルキン
監督: デヴィッド・ジェイコブソン

解説

『アメリカン・ヒストリーX』などの演技派、エドワード・ノートン主演の切ないラブストーリー。共演は『サーティーン あの頃欲しかった愛のこと』のエヴァン・レイチェル・ウッド。彼女自身がファンでもあるというノートンの恋人役を堂々と演じてみせた。“サバーブ”と呼ばれる典型的なアメリカ郊外の住宅地で、少しずつボタンをかけ違えていく人々の姿が悲しい。現代人の孤独をえぐり出した意欲作。

あらすじ

ロス近郊の街で暮らす17歳のトーブ(エヴァン・レイチェル・ウッド)は、ハーレン(エドワート・ノートン)と出会う。彼女は時代遅れだが、まるで古き良き時代のカウボーイのような彼に惹かれていくが……。

タイトルとURLをコピーしました