洋画 洋画ラブロマンス

ビフォア・サンセット

洋画

BEFORE SUNSET
製作年度:(2004)
製作国:アメリカ

出演: イーサン・ホーク, ジュリー・デルピー
監督: リチャード・リンクレイター

解説

リチャード・リンクレイター監督の『恋人までの距離(ディスタンス)』の続編。前作に引き続き、イーサン・ホークとジュリー・デルピーが登場。お互いの気持ちを確かめるための時間がほんの数時間しかない中で、どうやって思いを伝えるのか、ドキドキしながら最後まで楽しめる。

あらすじ

9 年前、ユーロトレインの車内で出会い、ウィーンで一夜だけを共に過ごした恋人たち。別れの時約束した半年後の再会を果たせないまま9年の月日が流れ、二人は遂にパリで再会した。しかし、二人が一緒に過ごせる時間はジェシーがNY行きの飛行機に向かうまでの、わずか85分。人生について、社会について、恋愛について、セックスについて…9年前の恋の結末を確かめたい気持ちとは裏腹に、とりとめのない会話を重ねる二人に、タイムリミットは刻一刻と迫っていく…
“忘れられない人との再会”という誰もが共感を覚える普遍的なテーマ。タイムリミットまでの85分、リアルタイムで進行する二人の恋の展開。男女の恋愛観の違いを浮き彫りにする、等身大でリアルな会話。その圧倒的な臨場感に、いつのまにか顧客は引きずり込まれ、二人の恋の行方を固唾をのんで見守っている…自分のかつての恋と重ね合わせて―。
“前代未聞のラブストーリー”と絶賛され、ベルリン映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した、95年の『恋人までの距離<ディスタンス>』の続編にあたる本作。1作目では夕方から夜明けまでの14時間が綴られていたが、今回は再会した二人をリアルタイムで追っている。“男女が9年ぶりに再会を果たす”という以外に、いわゆるプロットらしいプロットも存在しないこの映画がこれほどまでに人々の胸に感動と共感をもたらすことの不思議。もはや、“続編”を超えた傑作であることは間違いない。

タイトルとURLをコピーしました