洋画洋画ドラマ洋画青春

トンケの蒼い空

洋画

MUTT BOY
製作年度:(2003)
製作国:韓国

出演: チョン・ウソン, キム・ガプス, オム・ジウォン
監督: クァク・キョンテク

解説

『友へ チング』のクァク・キョンテク監督と韓国映画界の人気俳優、『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンがタッグを組んだ青春映画。父親役は『KT』や『箪笥』のベテラン、キム・ガプス。方言をマスターし、地方都市で暮らすサエない青年に身も心もなりきったチョン・ウソンの渾身の演技は必見。不器用な人生の負け犬が少しずつ成長して“ヒーロー”になる姿は爽快。

あらすじ

警察官の父と2人暮らしの青年チョルミン。野良犬をいつも連れ歩く彼は、韓国語で野良犬を意味する“トンケ”というあだ名で呼ばれていた。高校を中退してからは、定職にも就かずフラフラと無為な毎日を過ごすばかりのトンケ。そんな彼は、やがて自分と同じようなはみ出し者ばかりが集まった“MJK”というクラブと出会い、メンバー達と友情を深めていく。一方家では、父が預かり面倒を見ることになったスリの常習犯の少女ジョンエが一緒に暮らすようになる。こうしてトンケの日常が少しずつ変わり始める…。

タイトルとURLをコピーしました