洋画 洋画アクション

マックス・ペイン

洋画

MAX PAYNE
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ
映倫 PG-12
出演: マーク・ウォールバーグ, ミラ・クニス, ボー・ブリッジス, オルガ・キュリレンコ, アマウリー・ノラスコ
監督: ジョン・ムーア

解説

スローモーションを効かせた暴力描写を取り入れて、世界中を熱狂させたコンピューター・ゲーム「MAX PAYNE」を映画化したアクション・サスペンス。妻子を殺害されたニューヨーク市警の刑事が、その犯人を追ううちにある陰謀に巻き込まれていく。孤独で陰のある刑事を演じるのは、『ディパーテッド』のマーク・ウォールバーグ。監督は『エネミー・ライン』『オーメン』のジョン・ムーア。神話と現実が一つの画面に見事に混在する、独特の映像世界は圧巻だ。

あらすじ

妻子を殺された刑事、マックス・ペイン(マーク・ウォールバーグ)。ただ独りで捜査を続けるマックスは、ナイトクラブで薬漬けの美女、ナターシャ(オルガ・キュリレンコ)と出会う。同じ日の夜、何者かがナターシャを惨殺。妻子とナターシャの殺害を結ぶあるひとつの共通点、“羽”のタトゥーの謎をマックスは追うが……。

タイトルとURLをコピーしました