洋画洋画サスペンス

寄生霊

洋画

GHASTLY
GISAENG GHOST
製作年度:(2011)
製作国:韓国

出演: ハン・ウンジョン, イ・ヒョンソク, パク・ソンミン, ヒョミン, ノ・ミヌ
監督: コ・ソクチン

解説

親を亡くし身寄りのない子どもを育てることになった家族が、悪夢のような恐怖に遭遇するスリラー。テレビドラマ「フルハウス TAKE 2」のノ・ミヌと、K-POPグループT-ARAのヒョミンが出演。メガホンを取るのは、本作が初監督となるコ・ソクチン。そのほかテレビドラマ「フルハウス」のハン・ウンジョン、テレビドラマ「太王四神記」のパク・ソンミンら韓流ドラマで日本でもおなじみの顔ぶれが出演する。

あらすじ

子どもの誕生を強く望んでいたカヒ(ファン・ジヒョン)は、他人の子どもをかめに封印するという邪悪なまじないによって男児を授かる。その子をビン(イ・ヒョンソク)と命名し育てるカヒは、その後亡くなってしまう。親を亡くし身寄りのないビンを育てることになったソニ(ハン・ウンジョン)と夫チャン・ファン(パク・ソンミン)、妹ユリン(ヒョミン)だったが、ソニは頻繁に悪夢を見るようになってしまい……。

タイトルとURLをコピーしました