邦画邦画ドラマ邦画音楽

リトル・マエストラ

邦画

製作年度:(2012)
製作国:日本

出演: 有村架純, 釈由美子, 蟹江敬三
監督: 雑賀俊郎

解説

天才指揮者に間違われた高校生の少女とアマチュアオーケストラの面々が、音楽を通して共に成長する姿を描く感動作。石川県の小さな港町を舞台に、それぞれ悩みや苦しみを抱えながらもオーケストラでの演奏によって本来の自分の姿や誇りを取り戻していく人々の喜びを映し出す。主人公を『SPEC』シリーズの有村架純が演じ、彼女に振り回されるバイオリニストを釈由美子が好演。音楽の持つ力や少女と町の人々の交流が胸を打つ。

あらすじ

音大出身のみどり(釈由美子)は故郷の石川県志賀町福浦に戻り、福浦漁火オーケストラでバイオリンを担当していた。アマチュアオーケストラのメンバーたちは、コンテストに向けて十八番の「威風堂々」を練習していたが老指揮吉川が突然亡くなってしまう。困り果てたみどりは、吉川自慢の天才少女指揮者の孫娘美咲(有村架純)を呼び寄せる。

タイトルとURLをコピーしました