アニメ アニメアクション アニメ時代劇

宮本武蔵 -双剣に馳せる夢-

アニメ

製作年度:(2009)
製作国:日本

監督: 西久保瑞穂

解説

二刀流の“二天一流”など数々の伝説を残し現代でも根強い人気を誇る江戸時代初期の剣豪、宮本武蔵の虚構と真実に迫る時代劇アニメーション。「攻殻機動隊」などの巨匠・押井守が原案・脚本を務め、武蔵自身が記した「五輪書」をベースに、その極意をまったくの新解釈でエンターテインメント作品として表現。制作をプロダクション I.G、「サムライチャンプルー」の中澤一登がキャラクターデザインを担当する。武蔵を通してサムライの本質を描く骨太ドラマに注目。

あらすじ

不敗の剣聖にして精神の修養者、また求道者としても知られる江戸時代初期の剣豪、宮本武蔵。二刀流の“二天一流”を駆使して数々のライバルと華々しい合戦を繰り広げた一方で、悲哀な人生を送ったともされる。武蔵自身が記した「五輪書」を原案に、虚構と真実が入り混じった武蔵の知られざる姿が明かされる。

タイトルとURLをコピーしました