洋画洋画ファンタジー洋画ラブロマンス

美女と野獣 (2014)

洋画

LA BELLE ET LA BETE
BEAUTY AND THE BEAST
製作年度:(2014)
製作国:フランス/ドイツ

出演: ヴァンサン・カッセル レア・セドゥ、アンドレ・デュソリエ
監督: クリストフ・ガンズ

解説

映画やアニメーションなどで世界中の人々に愛されてきた世界的に著名な小説を、『サイレントヒル』などのフランスの異才クリストフ・ガンズ監督が映画化。『アデル、ブルーは熱い色』などのレア・セドゥがヒロインを演じ、野獣の姿をした王子の秘密に迫っていく。孤高の野獣を『ブラック・スワン』などのヴァンサン・カッセルが好演。美しくも切ない真実の愛の物語に胸が震える。

あらすじ

バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、若く美しい娘ベル(レア・セドゥ)が野獣(ヴァンサン・カッセル)の住む城に連れていかれてしまう。彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、毎晩同じ時間に野獣と夕食を取る以外何の制約も受けなかった。自由に城内を移動する彼女は、恐ろしい外見の野獣の意外な過去に気付く。

タイトルとURLをコピーしました