洋画洋画ドラマ洋画伝記

炎の人ゴッホ

洋画

LUST FOR LIFE
製作年度:(1956)
製作国:アメリカ

出演: ミクロス・ローザ, カーク・ダグラス, ジェイムズ・ドナルド, アンソニー・クイン, パメラ・ブラウン
監督: ヴィンセント・ミネリ

解説

色彩の探究者V・ミネリが、印象派の代表的画家ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの悲運の生涯を、I・ストーンの原作から映画化した、美しい映像がとにかく印象的な作品。主演はたっての願いでこの役を得たK・ダグラスで、さすがに力演を見せる。伝道の道を志したゴッホだったが、貧しい炭坑で坑夫と共に生活した廉で破門、故郷に帰り、弟テオの保護を受け絵に専従する。30をすぎてパリに出てゴーギャン(A・クイン好演、オスカー助演賞)と出合い、アルルで共同生活を送るが、豪放磊落な彼とは次第に折り合いを悪くし、遂に発狂し精神病院入り。それも快方に向かうが、大作『鴉のいる麦畑』を描いた後、短銃で自殺する。ハリウッド映画としては誠実な(しかし、その域には留まる)作品だ。

タイトルとURLをコピーしました