洋画洋画SF洋画アクション

X-MEN3:ファイナル ディシジョン

洋画

X-MEN: THE LAST STAND
製作年度:(2006)
製作国:アメリカ

出演: ヒュー・ジャックマン, ハル・ベリー, イアン・マッケラン, ファムケ・ヤンセン, アンナ・パキン
監督: ブレット・ラトナー

解説

人気アメリカンコミックを映画化した大ヒット・アクションシリーズの第3作。遺伝子の突然変異で超人的パワーを得たミュータントたちを主人公に、人類との共存の道を探る彼らの壮絶な戦いが描く。監督は『レッド・ドラゴン』のブレット・ラトナー。『ヴァン・ヘルシング』のヒュー・ジャックマン、オスカー女優ハル・ベリーらが主人公のミュータントを演じる。シリーズ史上最大級の戦闘が繰り広げられる怒とうの展開に興奮必至だ。

あらすじ

人間との共存を願うミュータントの組織「X-MEN」が弱体化する中、仲間を救うために死んだジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)が復活。その一方、ミュータントを人間に変える新薬“キュア”が開発され、ウルヴァリン(ヒュー・ジャックマン)、ストーム(ハル・ベリー)ら、ミュータントたちは究極の選択を迫られることになる。

タイトルとURLをコピーしました