邦画 邦画ドラマ 邦画青春

キズモモ。

邦画

製作年度:(2008)
製作国:日本

出演: 馬場徹, 古川雄大, 河合龍之介
監督: 山本透

解説

『天使が降りた日』の新鋭、山本透監督が手掛けた青春ロード・ムービー。心を閉ざした青年が旅先で運命的な出会いを果たし、新しいスタートを切るまでを繊細(せんさい)なタッチで描く。主人公を演じるのは、「カフェ代官山 ~Sweet Boys~』の馬場徹。相手役を務めるミュージカル「テニスの王子様」などで活躍する古川雄大は、本作で一人二役を見事にこなしている。若手美形俳優陣たちのフレッシュな魅力や、青春の痛みと輝きの物語に引き込まれる。

あらすじ

コンビニでフリーターとして働くアキ(馬場徹)は、いつものように自転車でふらりと旅に出る。地方の駅で大きな荷物を抱えて困っている女性(水木薫)を助けたことがきっかけで、彼はしばらく時計店に滞在することになる。そこで幼なじみの勇人(古川雄大)にそっくりな青年将也(古川雄大)と出会い、アキは動揺する。

タイトルとURLをコピーしました