アニメアニメSFアニメドラマ

伝説巨神イデオン 発動篇

アニメ

SPACE RUNAWAY IDEON / BE INVOKED
製作年度:(1982)
製作国:日本

出演: 塩屋翼, 田中秀幸, 白石冬美, 井上瑤, 戸田恵子
監督: 富野喜幸

解説

TVシリーズでは制作されなかった残り4話分のプロットを元に作られた後編。「伝説巨神イデオン」は、合体ロボットのイデオンがただのメカではなく人が制御できない未知の存在として描かれていたことや、登場人物の死が現実の戦場と同じように無残に描かれていたことなど、当時のTVアニメとしては斬新な部分が多くみられた。劇場公開時は「接触篇」と「発動篇」が同時上映された。ふたつの文明が神の力を欲して始めた争いは、終結の時を迎えつつあった。バッフ・クラン人のカララの胎内には地球人・ベスを父に持つ子が宿り、その子は人々から“メシア”と呼ばれていた。やがて、憎しみだけが増幅していく戦いのなかで「自分たちは何のために生きてきたのか?」と人々は問い始めるが…。

タイトルとURLをコピーしました