洋画洋画サスペンス

死の王

洋画

KING OF DEATH
製作年度:(1989)
製作国:ドイツ

出演: ヘルマン・コプ, ニコラス・ペッチェ, アンゲリカ・ホッホ, ミヒャエル・クラウス
監督: ユルグ・ブットゲライト

解説

「ネクロマンティック」のユルグ・ブットゲライトが、ある一週間を時間軸に、月曜から日曜の一日つづ、オムニバス形式で登場人物たちのそれぞれの死(自殺)について綴った作品。ドイツの裁判において例のごとく“国内上映禁止”、“ネガ、その他撮影にかかわった物の廃棄処分”を受けた問題作。月曜の男が死ぬ間際に書いていた手紙を導き役に、それを受け取った人たちがさながら死の伝言ゲームのように自殺していく。

タイトルとURLをコピーしました