邦画邦画ドラマ

オートバイ少女

邦画

製作年度:(1994)
製作国:日本

出演: 石堂夏央, 村松利史, 深浦加奈子, あがた森魚
監督: あがた森魚

解説

ミュージシャンあがた森魚の「僕は天使ぢゃないよ」に続く第2回監督作品。1973年に月刊漫画雑誌『ガロ』に発表された鈴木翁二の同名漫画を映画化。主演のみのる役には新人・石堂夏央。17歳の少女みのるは、古本屋で生き別れた父が書いた漫画を偶然見つけ、それを機に父に会おうと決意する。父の残していったオートバイで母親と暮らす東京から父がいるであろう北海道・函館へ向かうみのる。その道中で様々な人と出会い、やがてある夕方、父と再会するが…。

タイトルとURLをコピーしました