洋画洋画サスペンス洋画犯罪

悪人に平穏なし

洋画

NO HABRA PAZ PARA LOS MALVADOS
NO REST FOR THE WICKED
製作年度:(2011)
製作国:スペイン
映倫 R15+

出演: ホセ・コロナド, ロドルフォ・サンチョ, エレナ・ミケル
監督: エンリケ・ウルビス

解説

2004年3月11日にマドリードで起きた同時多発テロを題材にした、ゴヤ賞作品賞など主要6部門で受賞のサスペンス・アクション。図らずも犯してしまった殺人の証拠隠滅に奔走する刑事が、その過程で強大なテロ組織と彼らが仕組む陰謀に対峙(たいじ)していく姿を活写する。メガホンを取るのは、『ナインスゲート』などで脚本家としても活躍するエンリケ・ウルビス。キャストには『密会1723号室』のホセ・コロナドを筆頭に、スペインの実力派が結集。二転三転する展開に加え、壮絶な銃撃アクションにも息をのむ。

あらすじ

捜査中に事件を引き起こし、異動させられてしまった中年刑事サントス(ホセ・コロナド)。ある夜、立ち寄ったバーで泥酔していた彼は、店主や店員に絡んだ果てに店内にいた者たちを銃で撃ち殺してしまう。証拠隠滅を図る彼だが、防犯カメラの映像に現場から逃げ出す目撃者の姿を見つける。口を封じようと目撃者を捜し回る中、サントスは麻薬密売のコネクションに接近。彼らがテロ組織の資金源となっている上に、大規模なテロ計画が始動していることを知り、忘れていた刑事としての職務と正義感をよみがえらせるが……。

タイトルとURLをコピーしました