洋画洋画エロス洋画サスペンス

ダーク・ハーツ 紅く濡れた裸婦

洋画

DARK HEARTS
製作年度:(2012)
製作国:アメリカ

出演: ソニア・キンスキー, カイル・シュミット, ルーカス・ティル, ゴラン・ヴィシュニック
監督: ルドルフ・ブテンダッハ

解説

彼女の裸身(カラダ)が導く先は、栄光か?破滅か?

才能あふれる若き画家コルソン。スランプに陥っていた彼はある夜、弟のサムを伴って気分転換にライブハウスを訪れる。混雑したフロアに入り、ステージ上で歌う女を一目見た瞬間、彼の身体に衝撃が走る。女は気だるそうにギターをかき鳴らし歌っていた。ボロボロの服と濃い目のメイク、しかしそんなものでは隠し切れない無垢な美しさと漂うエロスをコルソンは見逃さなかった。ひと目で恋に落ちた彼は、演奏を終えた彼女に声をかける。女も運命と感じたのか、2人はそのままお互いの身体を激しく求め合う。しかし、それが死を誘う危険なゲームの幕開けだということを、彼はまだ知らなかった・・・。

タイトルとURLをコピーしました