邦画 邦画ドキュメンタリー

DOCUMENTARY of AKB48 to be continued 10年後、少女たちは今の自分に何を思うのだろう?

邦画

製作年度:(2010)
製作国:日本

出演: AKB48
監督: 寒竹ゆり

解説

国民的人気アイドルグループAKB48の成長と葛藤(かっとう)を追ったドキュメンタリー。楽曲制作の過程はもとより、横浜アリーナや国立代々木競技場第一体育館でのライブをはじめ、シングル選抜総選挙、ジャンケン大会など、彼女たちの2010年の全活動に密着。製作総指揮は、AKB48の15作目のシングル「桜の栞」のプロモーションビデオを担当した岩井俊二、監督を長編初監督作『天使の恋』で注目された寒竹ゆりが務める。1,000本を超える収録テープに記録された、各メンバーの素顔を垣間見ることができる。

あらすじ

常に話題を提供し、メディアに登場しない日はないほどの人気を見せる国民的アイドルグループAKB48。横浜アリーナや国立代々木競技場第一体育館でのライブをはじめ、選抜総選挙、ジャンケン大会など、彼女たちの2010年の全活動に密着。表舞台でのイベントや楽曲制作の過程だけでなく、舞台裏における彼女たちの普段あまり見ることのできない素顔も映し出される。

タイトルとURLをコピーしました