邦画邦画アクション邦画コメディ

デッドボール

邦画

DEADBALL
製作年度:(2011)
製作国:日本

出演: 坂口拓, 星野真里, 田山涼成
監督: 山口雄大

解説

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭で「ヤング・ファンタスティック・グランプリ部門」のグランプリ作品『地獄甲子園』の監督、主演俳優コンビが9年ぶりに再タッグを組むスプラッター・コメディー。さまざまな凶悪犯罪で逮捕された主人公・野球ジュウベイを主人公に、ルール無用の野球バトルが繰り広げられる。脚本は「闇の楽園」などの作家・戸梶圭太。共演の星野真里が、これまでのイメージを覆す演技を見せている。ギャグもアクションも過激な怒とうの展開を楽しみたい。

あらすじ

矯正施設の鳥竜矯正学院高校に、凶悪犯罪で逮捕された野球ジュウベイ(坂口拓)が収容される。子どものころの出来事がきっかけで野球は二度としないと誓っていたジュウベイだったが、生き別れの弟の居場所を知るため野球部に入部。同室の進之助(星野真里)と共に部員を集め、非行甲子園に出場することになるが……。

タイトルとURLをコピーしました