洋画洋画ドキュメンタリー

ヤバい経済学

洋画

FREAKONOMICS
製作年度:(2010)
製作国:アメリカ

出演: スティーヴン・D・レヴィット, スティーヴン・J・ダブナー
監督: モーガン・スパーロック, アレックス・ギブニー, ユージン・ジャレキ, ハイディ・ユーイング&レイチェル・グレイディ

解説

経済学者のスティーヴン・D・レヴィットと、ジャーナリストのスティーヴン・J・ダブナーによるベストセラーを映画化。「子どもは名前で人生が決まる」「ニューヨークで1990年代に犯罪が激減した理由」「賞金で高校生の成績が伸びるのか」といった多彩なテーマに、オスカー受賞監督のアレックス・ギブニー、『スーパーサイズ・ミー』のモーガン・スパーロックら気鋭の監督陣が鋭く切り込む。世間を騒がせた大相撲の八百長問題を、統計データなどを用いて検証しているのにも注目。

あらすじ

経済学者のスティーヴン・D・レヴィットとジャーナリストのスティーヴン・J・ダブナーが、インセンティブ(やりがいや成功報酬)の視点で常識の裏側にある真実に迫る。「不動産業者が自分の家を売るコツ」「子どもは名前で人生が決まる」「大相撲の八百長はデータで証明できた」など独自の理論が展開。さらに、賞金で高校生の成績が伸びるのか実験が行われる。

タイトルとURLをコピーしました