洋画洋画アクション洋画サスペンス洋画戦争

ナチスが最も恐れた男

洋画

MAX MANUS
MAX MANUS: MAN OF WAR
製作年度:(2008)
製作国:ノルウェー

出演: アクセル・ヘニー, ニコライ・クレーヴェ・ブロック, クリスチャン・ルーベック, クヌート・ジョナー
監督: エスペン・サンバルグ, ヨアキム・レニング

解説

1940年、青年マックス・マヌスは、反ナチスの思いから、志願してフィンランドでロシアとの戦いに参加した後、ナチ占領下のノルウェーに帰郷する。彼は仲間と共にドイツ占領下で巻き起こっていたレジスタンス<抵抗運動>に加わるも捕まってしまう。しかしすぐに脱出、スコットランドに逃げそこで破壊工作員としての訓練を受ける。第二次大戦下、反ナチス・レジスタンスと実在した破壊工作人を描いた実録戦争アクション巨編。

タイトルとURLをコピーしました