洋画洋画ドラマ洋画ラブロマンス

新しい人生のはじめかた

洋画

LAST CHANCE HARVEY
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ

出演: ダスティン・ホフマン, エマ・トンプソン, キャシー・ベイカー, ジェームズ・ブローリン, アイリーン・アトキンス
監督: ジョエル・ホプキンス

解説

『主人公は僕だった』の共演で意気投合した、ダスティン・ホフマンとエマ・トンプソンが本格的な共演を果たした中高年向け恋愛物語。娘の結婚式に出るためにロンドンにやって来た男性と、なかば人生をあきらめて楽に生きることを選んだ女性の心温まる交流をしっとりと描く。監督と脚本を手掛けたのはイギリスの新星、ジョエル・ホプキンス。ロンドンの美しい秋の風景とともに、年齢を重ねてこそわかる人生の豊かさや繊細さが胸にしみる。

あらすじ

ニューヨークのCM作曲家ハーヴェイ(ダスティン・ホフマン)は、離婚後別居していた娘(リアン・バラバン)の結婚式に出席するためロンドンに飛ぶ。だが、仕事で頭がいっぱいの彼は披露宴を辞退して帰国しようとするが、飛行機に乗り遅れてしまう。やけ酒を飲みに入った空港のバーで、ハーヴェイは偶然ケイト(エマ・トンプソン)と出会い……。

タイトルとURLをコピーしました