洋画洋画ドラマ洋画戦争

ボーフォート -レバノンからの撤退-

洋画

BEAUFORT
製作年度:(2007)
製作国:イスラエル

出演: アミ・ワインバーグ, オハド・クノラー, イタイ・ティラン, オシュリ・コーエン
監督: ヨセフ・シダー

解説

第57回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞し、第80回アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた戦争ドラマ。長年にわたりイスラエルのレバノン占領の象徴であった基地ボーフォートで、敵の攻撃に耐えながら撤退のときを待つ兵士たちの苦悩を描く。『ミュンヘン』のアミ・ワインバーグとオハド・クノラーらが出演。ニューヨーク生まれのイスラエル人監督ヨセフ・シダーが自らの軍人体験を盛り込み、戦争の悲惨な実態と空しさを訴える。

あらすじ

レバノンでのイスラエル支配の象徴ともいうべき基地ボーフォートに、22歳の若き指揮官リラズ(オシュリ・コーエン)が派遣される。爆弾除去の失敗や容赦ない敵の攻撃により次々に仲間を失うが、撤退が決定しているため反撃もできない。基地全体が重苦しい空気に包まれる中、撤退命令を待つ彼らに最後の任務が下される。

タイトルとURLをコピーしました