洋画洋画ドラマ洋画ラブロマンス

カイロ・タイム ~異邦人~

洋画

CAIRO TIME
製作年度:(2009)
製作国:カナダ/アイルランド

出演: パトリシア・クラークソン, アレクサンダー・シディグ, エレナ・アナヤ, アミナ・アナビ, トム・マッカムス
監督: ルバ・ナッダ

解説

『エイプリルの七面鳥』などのパトリシア・クラークソンと『ミラル』などのアレクサンダー・シディグが共演を果たしたロマンチックな愛の物語。エジプトの首都カイロを舞台に、夫とバカンスを過ごすためにやって来たカナダ人女性とエジプト人男性が、心惹(ひ)かれ合う夢のような時間を丁寧に描写する。監督と脚本を担当するのは、短編を中心にメガホンを取ってきたルバ・ナッダ。悠久の都カイロという街の魅力はもとより、はかなくも美しく切ない出会いが胸を震わせる。

あらすじ

ジュリエット(パトリシア・クラークソン)は、国連で勤務する夫のマーク(トム・マッカムス)と合流してバカンスを過ごす目的でカイロを訪れる。だが、空港には夫の姿はなく、かつて彼の警備担当だったエジプトの人タレク(アレクサンダー・シディグ)が彼女を迎えに来ていた。マークの到着が遅れるとわかり、ジュリエットはタレクの経営するコーヒー店をのぞきに行く。

タイトルとURLをコピーしました