洋画洋画アドベンチャー洋画ファンタジー洋画ラブロマンス

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 2

洋画

THE TWILIGHT SAGA: BREAKING DAWN – PART 2
製作年度:(2012)
製作国:アメリカ
映倫 PG12

出演: クリステン・スチュワート, ロバート・パティンソン, テイラー・ロートナー, マッケンジー・フォイ
監督: ビル・コンドン

解説

ステファニー・メイヤー原作の人気小説を映画化し、人間の少女と美形ヴァンパイアの許されぬ恋を描いたシリーズの完結編。ヴァンパイアになったヒロインの娘をめぐるカレン家とヴァンパイアの王族との決死の戦いを臨場感たっぷりに描き出す。主人公を演じるのは、実生活でも話題を振りまいてきたクリステン・スチュワートとロバート・パティンソン。ついに最終章を迎える人気作の動向に目がくぎ付け。

あらすじ

最愛の人エドワード(ロバート・パティンソン)と結婚したベラ(クリステン・スチュワート)。その後ベラはレネズミを出産するが、彼女の幼なじみジェイコブ(テイラー・ロートナー)は、二人の娘こそがオオカミ族に伝わる運命の相手だと知る。一方、ヴァンパイアの王族ヴォルトゥーリ族は、レネズミが不滅の子というヴァンパイア族を滅亡させてしまう存在だと考えていて……。

タイトルとURLをコピーしました