洋画洋画サスペンス洋画ホラー

実験室KR-13

洋画

THE KILLING ROOM
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ
映倫 PG12

出演: クロエ・セヴィニー, ティモシー・ハットン, ピーター・ストーメア, ニック・キャノン, クレア・デュヴァル
監督: ジョナサン・リーベスマン

解説

『テキサス・チェンソー ビギニング』のジョナサン・リーベスマン監督による密室ホラー・サスペンス。アメリカ中を震撼(しんかん)させた実際の事件、[MKウルトラ]=マインドコントロール計画を基に、国家的陰謀が隠された心理実験の恐怖を描く。『ボーイズ・ドント・クライ』のクロエ・セヴィニーを主演に、『普通の人々』のティモシー・ハットン、『ホースメン』のピーター・ストーメアら実力派が共演。逃げ場のない状況で展開する緊迫感あふれるストーリーにくぎ付け。

あらすじ

ある心理実験に協力するため4人の男女が実験室に集められるが、突然、被験者の1人が博士(ピーター・ストーメア)に銃で撃ち殺される。部屋のドアはロックされ、繰り出される問題に正解しないと容赦なく殺されるという。やがて、限界を超えた恐怖に彼らが理性を失っていく様子が、背後のモニタールームですべて記録されていた……。

タイトルとURLをコピーしました