邦画邦画時代劇

蠢動 -しゅんどう-

邦画

製作年度:(2013)
製作国:日本

出演: 平岳大, 若林豪, 目黒祐樹, 中原丈雄, さとう珠緒
監督: 三上康雄

解説

1970年代に自主映画制作グループで作品に携わってきた三上康雄監督が、1982年に自身で手掛けた16ミリ作品『蠢動』をセルフリメイクした時代劇。山陰の小藩を舞台に、それぞれが胸に秘めた正義を全うしようとする武士の姿を描き出す。平岳大、若林豪、目黒祐樹、中原丈雄ら邦画界を代表する実力派俳優たちが豪華共演。対立を余儀なくされる登場人物たちの葛藤はもとより、スタントも早回しもなしの殺陣に夢中になる。

あらすじ

享保の大飢饉(ききん)から3年の月日が流れ、山陰の因幡藩は一見平静さを取り戻しているように見えた。だが、城代家老の荒木源義(若林豪)の耳に、幕府から派遣された剣術指南役の松宮十三(目黒祐樹)が不審な動きをしているという知らせが届く。荒木は用人の舟瀬太悟(中原丈雄)に申し付け、松宮の挙動に目を光らせるよう手配するが……。

タイトルとURLをコピーしました