邦画邦画ドラマ

爆心 長崎の空

邦画

製作年度:(2013)
製作国:日本

出演: 北乃きい, 稲森いずみ, 柳楽優弥, 佐野史郎, 杉本哲太
監督: 日向寺太郎

解説

長崎原爆資料館館長も務め、「聖水」で芥川賞を受賞した青来有一の連作短編集「爆心」を、『誰がために』『火垂るの墓』の日向寺太郎監督が映画化。キリスト教と深い関係がある被爆地・長崎を舞台に、母を亡くした少女と娘を亡くした母親が巡り合い、悲しみを共有しながら希望を見いだす姿を描く。導かれるように心を通わせていく2人の女性には、北乃きいと稲森いずみ。そのほか『すべては海になる』などの柳楽優弥、ベテラン石橋蓮司ら多彩な顔ぶれがそろう。

あらすじ

ごく普通だが幸せな生活を送っていた女子大生・門田清水(北乃きい)。ある日、何の前触れもなく母が他界してしまう。ちょっとしたことでけんかをしてしまい、そのことを謝罪できなかった彼女は後悔の念にかられ、母が亡くなったことを受け止められずにいた。一方、娘の一周忌が間近に迫る高森砂織(稲森いずみ)は、娘が亡くなってから悲しみに暮れていた。さらに自身が妊娠していることを知り、パニックになってしまう。やがて清水と砂織は、浦上天主堂周辺で巡り合い……。

タイトルとURLをコピーしました