邦画邦画ドラマ

直子の部屋

邦画

製作年度:(2012)
製作国:日本

出演: 細井ゆめの, 石川美帆
監督: 東盛直道

解説

東京の片隅を舞台に、女子力が全然ない29歳のフリーター女性の日常を描いたドラマ。実家に帰った妹と入れ替わるようにやって来た親友と暮らすヒロインが、アルバイト先の後輩の頼みで映画の主役を引き受けることになるなど、日常の中で巻き起こる出来事をつづる。監督は、短編映画『東京の大学』でショート ショート フィルム フェスティバル & アジア入選を果たした東盛直道。淡々とした様子でヒロインを演じる細井ゆめのも印象深い。

あらすじ

29歳の直子(細井ゆめの)は、レンタルビデオ店で働くフリーター。化粧っけもなく、掃除や洗濯、料理は一緒に住む妹の真帆にやらせて自分は全くやらない。ところが真帆が実家に帰ってしまい、そこへやって来たのが親友・浜名であった。そんなある日、映画を作っているアルバイト先の後輩が、直子に主人公を演じてほしいと持ち掛けてきて……。

タイトルとURLをコピーしました