邦画邦画ドラマ邦画ファンタジー

ナイン トゥ イレブン

邦画

製作年度:(2010)
製作国:日本

出演: 堀田ゆい夏, 谷桃子, 百瀬実咲
監督: 越坂康史

解説

夢がかなう商品を扱う奇妙なコンビニを舞台に、3人のパッとしない女たちに降り掛かる悪夢を描くファンタジック・コメディー。人気グラビアアイドルの堀田ゆい夏、谷桃子、百瀬実咲がヒロインを演じ、テレビや映画などでバイプレイヤーとして出演している個性的なキャスト陣が脇を固める。メガホンを取るのは、主にVシネマ界で活躍する越坂康史。3人のヒロインがたどるありえない運命から目が離せない。

あらすじ

企業のお客様相談センターで働く香(谷桃子)、彼氏のいるフリや金持ちのフリをしている咲(百瀬実咲)、夢と現実のギャップに悩む売れない女優のゆい(堀田ゆい夏)。彼女たちが抱く夢は、夜9時から11時の間だけオープンしている奇妙なコンビニの商品によって現実のものとなるが、それは夢というよりも悪夢といえるものだった。

タイトルとURLをコピーしました