邦画邦画時代劇

元禄忠臣蔵 前篇

邦画

製作年度:(1941)
製作国:日本

出演: 河原崎権十郎, 中村翫右衛門, 河原崎国太郎, 高峰三枝子, 三浦光子
監督: 溝口健二

解説

浅野内匠頭は、江戸城松の廊下で吉良上野介に斬りかかり、多門伝八郎の尽力にもかかわらず切腹の処分を受けた。悲報を受けた国許の赤穂城。国家老大石内蔵助は内心期するものがあり、妻子と縁切し、江戸へ向かう。 原作は真山青果の戯曲「元禄忠臣蔵」。調べられる限り忠実に追った史実を背景に、登場人物に生身の人間の魂が吹き込まれた作品だ。原寸大に再現した松の廊下を始めとするセット美術は、武家建築の完成と称讃され、時代考証に基いた衣裳、大道具、小道具、技髪、メイクは元禄風俗の貴重な参考資料とされている。

タイトルとURLをコピーしました