邦画 邦画ファンタジー 邦画時代劇

うそうそ

邦画

製作年度:(2008)
製作国:日本

出演: 手越祐也, 谷原章介, 宮迫博之, 高杉 亘, 早乙女太一

解説

身体は弱いが心優しく、知恵に溢れる大店の若だんな(手越祐也)は、頻繁に起きている大地震の轟
音の中に自分を呪う声を聞いてしまう。ところが、どうやら若だんな以外は感じていない様子。そん
な不安を抱いていた矢先――。
齢三千年のお祖母様・おぎん(十朱幸代)からのお告げで、腹違いの兄・松之助(岡田義徳)や齢千年
の神獣かつ手代である仁吉<白沢>(谷原章介)と佐助<犬神>(高杉亘)の二人、鳴家(やなり)ら
妖たちと箱根の湯治へ行く事に! 羨ましがる親友の栄吉(木雄也)や大工の棟梁(阿南健治)に
見送られて……。
初めてお江戸を出て、初めて長崎屋の持ち船の弁財船に乗り、初めて親である藤兵衛(岸部一徳)、
おたえ(真矢みき)と離れ、初めて旅をする!初めて尽くしの若だんなはドキドキ、湯冶で身体が丈
夫になれると聞いてウキウキ、だったのだが――。

タイトルとURLをコピーしました