洋画洋画ホラー洋画ミステリー

ボイス

洋画

PHONE
製作年度:(2002)
製作国:韓国
映倫 PG-12

出演: ハ・ジウォン, キム・ユミ
監督: アン・ビョンギ

解説

現代人の誰もが持つ携帯電話をモチーフにして地元韓国で大ヒットしたホラー・サスペンス。それを聞いた人間が次々と死んだという不気味なノイズと震える女の声が掛かってくる携帯番号を知らずに手にしてしまった女性ジャーナリストに迫る死の恐怖と謎を描く。主演は「リメンバー・ミー」のハ・ジウォン。監督はこれが日本初紹介となるアン・ビョンギ。

あらすじ

女性ジャーナリスト、ジウォンは以前手掛けた援助交際に関するスクープ記事が発端で、しつこく掛かってくる脅迫電話に悩まされていた。会社取締役を夫に持つ親友のホジュンが、そんなジウォンの身を案じて自分の別宅を隠れ家に提供してくれた。ホジュンのアドバイスで携帯番号も替えたジウォンだったが、ほっとしたのも束の間、ある日まだ誰にも教えていないはずの携帯が鳴り出した。その時ちょうどそばにいたホジュンの幼い娘ヨンジュが電話に出てしまう。その途端、彼女は全身を痙攣させ絶叫する。慌てて携帯を奪い取ったジウォンの耳には不気味なノイズが鳴っていた…。

タイトルとURLをコピーしました