邦画邦画コメディ

CMタイム

邦画

製作年度:(2011)
製作国:日本

出演: 黒木瞳, 豊原功補, 加藤和樹, 本仮屋ユイカ
監督: 久保田誠二

解説

数多くの映画、ドラマ、舞台などに出演してきた女優・黒木瞳が、身勝手な演歌スターを熱演する爆笑コメディー。CM制作の現場を舞台に、アクの強いタレントたちに振り回される広告代理店社員やスポンサーたちのドタバタ劇を映し出す。ヒップホップスターにふんするのは、『ガクドリ』の加藤和樹。『闇の子供たち』などの豊原功補や『僕等がいた』シリーズの本仮屋ユイカが広告代理店社員を演じている。トラブル続出でカオスのような展開に翻弄(ほんろう)される。

あらすじ

飲料メーカーから新商品発売キャンペーンのCM制作の注文を受け、広告代理店が提出した案は3人のタレントを起用するものだった。性根の曲がった演歌の女王(黒木瞳)、かつては一世を風靡(ふうび)した時代劇の大物俳優(中村嘉葎雄)、そしてそううつ病を患うヒップホップスター(加藤和樹)。だが、演歌歌手と時代劇俳優の不仲は業界内でも有名で……。

タイトルとURLをコピーしました