洋画 洋画コメディ 洋画ラブロマンス

麗しのサブリナ

洋画

SABRINA
製作年度:(1954)
製作国:アメリカ

出演: オードリー・ヘプバーン, ハンフリー・ボガート, ウィリアム・ホールデン, ジョン・ウィリアムズ
監督: ビリー・ワイルダー

解説

多くの人々を魅了し、永遠の妖精と称されたオードリー・ヘプバーンによるロマンチックコメディー。名匠ビリー・ワイルダーがメガホンを取り、大富豪の兄弟と、美しく変身したお抱え運転手の娘との恋を描く。ハンフリー・ボガート、ウィリアム・ホールデンという大スターが競演。シックなドレスやサブリナパンツを着こなすオードリーのファッション、そして彼女のキュートな魅力に夢中になる。

あらすじ

大富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナ(オードリー・ヘプバーン)が、主の次男デイヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に恋心を抱くも、彼女の父は身分違いの恋を忘れさせるため娘をパリへ送り出す。2年後、洗練された淑女に変身した彼女が帰国すると、デイヴィッドはすっかり夢中に。婚約中の弟を案じる長男ライナス(ハンフリー・ボガート)は、やがて自分はサブリナが好きなことに気付き……。

タイトルとURLをコピーしました