洋画 洋画サスペンス 洋画ミステリー

情婦

洋画

WITNESS FOR THE PROSECUTION
製作年度:(1957)
製作国:アメリカ

出演: タイロン・パワー, マレーネ・デートリッヒ, チャールズ・ロートン
監督: ビリー・ワイルダー

解説

アガサ・クリスティが自身の短編小説を基に戯曲化した『検察側の証人』の映画化。金持ちの未亡人を殺した容疑をかけられたレナード(パワー)は、老齢ながらロンドンきっての敏腕弁護士ロバーツ(ロートン)に弁護を依頼。だが“検察側の証人”として法廷に立ったレナードの妻クリスティーネ(ディートリッヒ)から、思いもかけない証言が発せられた……。

タイトルとURLをコピーしました