邦画邦画ドラマ邦画ファミリー

パートナーズ (2010)

邦画

製作年度:(2010)
製作国:日本

出演: 浅利陽介, 大塚ちひろ, 村田雄浩, 川上麻衣子, 近藤里沙
監督: 下村優

解説

刹那(せつな)的に生きてきた青年が1頭の盲導犬と出会い、訓練士として共に奮闘し成長していく姿を描いたハートフル・ドラマ。監督は、テレビドラマ界で活躍し本作で劇映画デビューを果たす下村優、脚本は『ヴァイブレータ』などの荒井晴彦と気鋭の井上淳一が手掛ける。主演は、『GSワンダーランド』の浅利陽介。そのほかテレビドラマ「空飛ぶタイヤ」の大塚ちひろ、ベテラン夏八木勲ら多彩な共演陣が、1頭の盲導犬を通して生まれる愛と希望の物語を彩る。

あらすじ

知人の死をきっかけに盲導犬訓練士学校に入学した19歳のフリーター小山内剛(浅利陽介)は、2年間の研修期間を経て准訓練士となる。初めて担当する犬は、生後2か月からパピーウォーカーと呼ばれる育ての親の元で10か月暮らしたチエ。チエを盲導犬に育てるべく日々奮闘する剛だったが、彼に懐こうとしないチエに剛は悩む。

タイトルとURLをコピーしました