洋画洋画サスペンス洋画ホラー

ジョシュア 悪を呼ぶ少年

洋画

JOSHUA
製作年度:(2007)
製作国:アメリカ

出演: ヤコブ・コーガン、サム・ロックウェル、ヴェラ・ファーミガ
監督: ジョージ・ラトリフ

解説

ニューヨークで幸せな生活を送っていた裕福な一家がいつしか9歳の息子の奇怪な行動や不可解な現象に苛まれ、家族が崩壊していくさまを描いたホラー・サスペンス。

あらすじ

株式仲買人として成功したブラッドは、妻アビーと9歳になる息子、そして生まれたばかりの娘とマンハッタンで幸せに暮らしていた。そんな恵まれた環境で育つ息子のジョシュアは家の中でも正装で過ごし、物静かで、同年代の子たちより言動が大人びている優等生。しかし、家族が妹にばかり気に掛けていることで次第に疎外感を感じ始めたジョシュアは心が歪んでいき、奇怪な行動をとり始める。やがて、ペットの犬の急死や不気味な物音が頻発し、さらには妹の世話で育児ノイローゼ気味だったアビーの症状が悪化してしまう事態に。するとある時、ブラッドはこれらの悪事が全てジョシュアの仕業だと知るのだが…。

タイトルとURLをコピーしました