邦画邦画ドラマ邦画時代劇

蝉しぐれ

邦画

製作年度:(2005)
製作国:日本

出演: 市川染五郎(七代目), 木村佳乃, 緒形拳, 原田美枝子, 今田耕司
監督: 黒土三男

解説

藤沢周平作の長編時代小説を市川染五郎主演で映画化した時代劇映画。監督は『英二』の黒土三男が担当し、主人公が想いを寄せ続ける女性のふく役には木村佳乃がふんする。イメージソングは完成した映像を見て感銘を受けた一青窈が手がけた「かざぐるま」。日本各地でロケを敢行し、収められた美しい自然の数々が、物語をさらにドラマチックに盛り立てている。

あらすじ

江戸時代の東北の海坂藩。下級藩士の牧文四郎(市川染五郎)の父(緒形拳)は、藩の派閥抗争に巻き込まれ、冤罪によって切腹を命じられた。以後、文四郎は謀反をおこした父の子として数々の試練にさらされるが……。

タイトルとURLをコピーしました