邦画邦画アクション邦画ヒーロー邦画特撮

牙狼 GARO ~RED REQUIEM~

邦画

製作年度:(2010)
製作国:日本
映倫 PG12

出演: 小西遼生, 松山メアリ, 斎藤洋介, 倉貫匡弘, 笠原紳司
監督: 雨宮慶太

解説

2005年にテレビ放映されるや、独創的な世界観やスタイリッシュなアクションシーンで人気を博した特撮ドラマ「牙狼 GARO」を3D映画化。原作者の雨宮慶太が監督を手掛け、人間の邪悪な心にとりつく魔獣ホラーと、ホラーを狩る宿命を背負う魔戒騎士の戦いを描く。主演は、テレビシリーズに続き小西遼生が務め、グラビアなどで活躍する松山メアリ、『キトキト!』の倉貫匡弘らが共演。最新の3D技術を駆使したリアルなアクションシーンは迫力満点。

あらすじ

太古より人間の邪悪な心にとりつき、その生命を食らう魔獣ホラーと戦い続けてきたガロの称号を持つ魔戒騎士。その最高位である黄金騎士の冴島鋼牙(小西遼生)は、ホラーから人間を守る宿命を負って生きてきた。新たに人間界の闇に降臨した7体の使徒ホラーを倒すべく、魔戒法師のアカザ(斎藤洋介)、その弟子のシグト(倉貫匡弘)らと共に旅に出る。

タイトルとURLをコピーしました