邦画邦画ドラマ邦画青春

犬の首輪とコロッケと

邦画

製作年度:(2011)
製作国:日本
映倫 PG12

出演: 鎌苅健太, ちすん, 中村昌也, 宮下雄也(RUN&GUN), 池田純矢
監督: 長原成樹

解説

芸人として活動する一方、『かぞくのひけつ』など俳優としても活躍の幅を広げている長原成樹が自身の青春時代をつづる自伝を、長原自身がメガホンを取って映画化。昭和の大阪・生野を舞台に、不良少年だった主人公が家族や仲間、周囲の人々に支えられお笑いの世界を目指していくさまを、涙と笑いを交えて描き出す。主演は、『Miss Boys!』シリーズなどの鎌苅健太。さらに今田耕司、山口智充ら人気芸人たちが脇を固める。

あらすじ

大阪・生野区で生まれ育ったセイキ(鎌苅健太)は、悪友たちとケンカや窃盗を繰り返し少年院行きとなってしまう。少年院を出たセイキは友人からミチコ(ちすん)を紹介され、自分の外見や過去にも動じないミチコのためにまっとうに生きることを決意。やがて芸人を目指していたタツヤ(池田純矢)に誘われ、セイキはお笑い芸人の道を志すようになるが……。

タイトルとURLをコピーしました