洋画洋画ドラマ洋画戦争

レイルウェイ 運命の旅路

洋画

The Railway Man
製作年度:(2013)
製作国:オーストラリア/イギリス

出演: コリン・ファース, ニコール・キッドマン
監督: ジョナサン・テプリツキー

解説

コリン・ファース、ニコール・キッドマン、真田広之が共演を果たし、エリック・ローマクスの自叙伝を映画化した歴史ドラマ。第2次世界大戦時、タイとビルマ間を往来する泰緬鉄道の建設に捕虜として従事させられたイギリス人将校の姿を追う。ほかに『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズなどのステラン・スカルスガルドや『戦火の馬』などのジェレミー・アーヴァインらが出演。むごたらしい戦争体験はもとより、実話をベースに描かれる次世代にも伝えるべき物語のてん末に息をのむ。

あらすじ

第2次世界大戦中に日本軍の捕虜となったエリック(コリン・ファース)は、タイとビルマ間を走る泰緬鉄道建設のための強制労働に就かされる。彼は過酷な戦争体験に苦しみながらも、妻パトリシア(ニコール・キッドマン)と一緒に穏やかな日々を送ろうとしていた。そんなある日、エリックは当時施設にいた日本人通訳の永瀬(真田広之)が生存していると知る。

タイトルとURLをコピーしました