洋画 洋画コメディ 洋画ドラマ

ラーメンガール

洋画

THE RAMEN GIRL
製作年度:(2008)
製作国:アメリカ

出演: ブリタニー・マーフィー, 西田敏行, 余貴美子, タミー・ブランチャード, ガブリエル・マン
監督: ロバート・アラン・アッカーマン

解説

ブリタニー・マーフィー演じるアメリカ人ギャルが、日本でラーメン修行をしながら人々との触れ合いを繰り広げるヒューマン・コメディー。一杯のラーメンから始まる人生や癒し、人とのつながりなど、ささやかな幸福も描かれる。ラーメン店主を演じる西田敏行のほか、石橋蓮司や山崎努など実力派俳優が存在感を発揮。日本で何度も舞台演出をしている監督のロバート・アラン・アッカーマンの、日本文化や日本人の人情に対する温かな視線に心が和む。

あらすじ

恋人を追って日本に来たのに、体よく振られてしまったアビー(ブリタニー・マーフィー)。そんなアビーを救ったのは、一杯のラーメンだった。アビーはラーメン店で修行をすることを決意。しかし、店主マエズミ(西田敏行)は酒飲みで短気、アビーに雑用ばかりを命じる。ある日、ラーメンの達人(山崎努)がアビーの味を認めてくれないと店を辞めるとマエズミが言いだし……。

タイトルとURLをコピーしました